スキャンピングって何?

スキャンピングはFXの代表的な取引方法です。数十銭の僅かな利幅で何度も取引を重ねることで利益を積み重ね、大きな利益にしていくやり方になります。利幅が極端に狭い事から高いレバレッジになること、極端に短い期間で売買を繰り返すことも大きな特徴です。もともとFXはサービスの提供を始めてから10年程度しか経っていません。
短期間で大きな成長をとげたFX市場ですが、顧客を確保する為には手数料を無料にしたりスプレッドを更に狭くしたりしてトレード環境が飛躍的に向上しているのです。売買時の手数料がかからないぶん、少しの値上がりで何度も取引を重ねる方がリスクが少なく、確実に利益を得ることができるのです。ただ、この方法は長期間の投資には向かないという欠点もあります。
瞬間的に売買を行うと損得が五分五分という状況になります。いくらリスクが少ないといっても勝負に勝ち続けることはとても難しいのです。取引の回数が増え、一度の掛金が大きくなるほどロスカットが近くなる危険性があります。個人投資家の場合は元本割れし、取引を続けることが困難な状況になってしまう事態も珍しくありません。なので長く取引を続けるポイントとしては、回数を徐々に少なく、掛金を小さくしていくことになります。

Comments are closed.