最低取引額について

FXで取引をする時は、自由に取引額を設定出来るわけではなく、最低取引額が決められています。この値は、たいていの場合、10000通貨単位や1000通貨単位に設定されていて、それに売買レートを掛けてレバレッジで割ったものが、最低限必要な必要証拠金となります。
例えば、ドル円の取引をしていて、売買レートが100円だとします。利用している業者が設定する通貨単位が10000通貨、レバレッジが25倍である場合は、最低限必要な証拠金は100×10000÷25=40000円となります。
ここで、もし損失方向に為替が動いてしまい、やむを得ず為替レートが1円の損切り決済をするとしますと、損失額は最低10000円となりますので、痛手は大きいです。
一方、1000通貨単位に設定されていて、上記と同じ損切り決済をする場合は、損失の最低額は1000円となり、損はするものの大きな痛手にはならずに済みます。
FX取引では、始めたばかりの慣れない頃は、利益確定が出来ることよりも損切りに追い込まれることの方が多くなりがちです。そのため、取引通貨単位が低い方がリスクが少ないです。そのことを考慮に入れ、FX業者を選ぶ際には、低い通貨単位の取引が出来ることを条件にするとよいです。

Comments are closed.