デイトレードって何?

 

デイトレードとは投資の方法のひとつです。投資の方法には株式や証券、FXなどさまざまな方法がありますが、その中でも1日単位で損益を計算するのが特徴の投資方法のことを言います。
一気にお金を増やすのは難しいですが、ローリスクローリターンで少しずつ金額を増やしていけます。低いリスクで毎日少しずつ増やしていけるので、個人でも始めやすいです。
1日の値動きを敏感に捉えておく必要があるので、常に株価を気にしておかないと売り時を逃してしまうこともあります。そのためパソコンや携帯電話でずっと値動きをチェックしていなければならないのが難点です。さらに多くの銘柄を短時間で取引するため、その分手数料が多くかかるというデメリットもあります。
しかし毎日コツコツと投資を行っていけば効率的に稼げます。自分のルールを決めておけば、大きな損失も抑えられます。どのくらいの値の銘柄を買う、どのくらいまで上がったら売るなど、自分なりのルールを決めておくことが大切です。
1つの銘柄を長く抱えていることの利益もありませんが、そのための損失もありません。また証券取引所が動いている9時から15時の間に取引を完了させることが基本なので、時間外に株価が暴落するような出来事があっても影響を受けません。

 

Comments are closed.