自動車ローンの扱いについて

海02特定調停とは、簡易裁判所で行われる任意整理の方法になります。例えば、この先返済が困難だと予測される場合に債務者との間で行われます。この方法は誰にでも認めれれるわけではありません。返済可能な一定金額の収入がある場合のみ認めれます。
弁護士や司法書士に依頼をしなくても申し立てをする事が可能なので、素人にも可能な手段になります。特定調停は、裁判所が債務整理案を中立の立場で作製をします。調停成立後に注意をする点としては、支払いを滞らさないようにする事です。調停終了後に支払いが滞ると、裁判所で作製された調停調書に基づき給与の差し止めなどの強制執行が行われる可能性があります。???? Vol.140 ????-?????
任意整理と聞くと自動車ローンが組めなくなるの気になる人も多いです。結論から述べると、特定調停が成立すると、5年間は不可能です。ローンの審査が厳しいので、購入をしたいなら現金で購入する方法を選ぶと良いです。
もし車のローンを特定調停したいなら、手放す事が基本的には必要な条件になります。販売会社との合意も必要な条件です。自動車は手続きの前に処分をします。
債務整理には色々な方法があります。自分にとってどの方法が良いのか十分に検討をしてから手続きをする事が大切です。